埼玉県名発祥の碑

こんにちは!
埼玉県名発祥の碑
画像

さきたま資料館の東側の通路(レストハウスとの間)には、埼玉県名発祥の碑が設置されている。
 昭和62年(1987)建立。碑の題字は当時の埼玉県知事、畑和(はた やわら)
明治4年(1871)の廃藩置県で設けられた埼玉県、入間県の 県庁所在地は、それぞれ岩槻、川越であった。
埼玉県名 発祥之碑
   埼玉県知事 畑 和 書
    埼玉県名の由来
 明治4年11月14日, 現在の県域に「埼玉県」と「入間県」を設置するとの太政官布告が出された。これが埼玉県の誕生である。以後, 幾度かの変遷を経て, 明治9年8月に現在の埼玉県の区域が定まった。「埼玉」が県の名称とされたのは, 当初の県の管轄区域の中で, 最も広いのが, 埼玉郡であったことによる。
 埼玉郡は, 律令による国郡制度が発足した当初から設置された郡とみられ, 当初は前玉(さきたま)郡という表示も行われ, 正倉院文書神亀3年(726)の山背(やましろ)国戸籍帳には「武蔵国前玉郡」の表記が見える。また, 延喜式神名帳にも埼玉郡の項に「前玉神社ニ座」とある。
 ここ行田市埼玉(さきたま)の地は, 巨大古墳群の所在地であり, また「前玉神社」の鎮座する場所でもある。おそらく埼玉郡の忠臣地であったと考えられるので, ここに碑を建て, 県名発祥の記念とする。
    昭和62年4月
        埼玉県
という事です!
さきたま古墳を歩いているとこんな物もありました。
画像

行田市のここが 埼玉の中の埼玉という事ですね!

みなさんも さきたま古墳で 古代浪漫に浸って埼玉感じてください!

さきたま古墳  行田のゼリーフライ   忍城 古代蓮の里 さきたま古墳 成就院三重塔

 行田市観光協会




ニッポン B級グルメの旅 埼玉編 [DVD]
CREATORS7
2010-11-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニッポン B級グルメの旅 埼玉編 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック