宇治川中ノ島散策

こんにちは!
訪問いただき有難うございます。宇治川の中ノ島を少し歩いて見ましょう!
画像

周りを見ると鮎つりの人もいましたよ!
画像

これはさっき渡ってきた喜撰橋です。中ノ島からはこんな風に見えます。
足元を見ると
画像

鳩もアヒルも仲良くしています。
画像

赤い橋が朝霧橋です、この後 渡っていきますよ!
画像

こちらは橘橋・・この中ノ島は桜の名所でもあるみたいです。
この碑はなんでしょうか?
画像

もののふの 八十氏河(やそうじがわ)の網代木(あじろき)にいざよふ 波の行く方(え)しらず
この歌は、柿本人麻呂が、近江の国より奈良へ帰る途中に、宇治川付近で作った歌で、「宇治川の網代木で一時停滞し、やがて行方知れずとなる波のように、滅びきった、近江の都に仕えていた人達は、いったいどうなったのであろうか」と言う意味である。 
のんびりと行きましょう!
画像

中ノ島の下流側にやってきました。もうこれ以上はいけません。
下流側に見えるのは宇治橋です。
画像

次は先陣の碑を回って朝霧橋を渡りましょう。
画像

義経ゆかりの 宇治川先陣の碑
木曽義仲打倒の命を受けて源義経の初陣は宇治川を舞台に始まりました。 佐々木高綱、梶原景季かげすえが互いの名馬で先陣を競う故事にちなむ石碑
参ったなあ・・・ここに来て 義経&木曽義仲 よく会う方々の記念碑ですね!
(義経は 奥の細道の記事で木曽義仲は埼玉の嵐山で生まれましたよ!)
昔の人は 考えられないくらい動き回っていますよ!車を使っている僕にも追いつけない位!
ここで一人で盛り上がってどうするの?・・・・先 行きましょう!
画像

橋を早く渡りましょう!この先は次回にと言う事でお願いします。
参考に
宇治市観光協会
それではいってらっしゃい!
僕の宇治市へ
その他は ブログテーマの一覧からみてください。

宇治市の宿
きみ家 光流園 静山荘 亀石楼 料理旅館 宇治川 旅館 塔見茶屋 鮎宗 ビジネスホテル宇治 花やしき浮舟園

宇治抹茶だいふく 6個入り§ 京都 宇治のお茶屋作挽きたて抹茶をたっぷり使った濃厚抹茶味です...

【20%OFF】宇治抹茶スイーツお試しセット送料無料(初回限定・ご自宅用)§ ロールケーキ・大...

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック