安楽寺 三重塔

こんにちは!
訪問いただきありがとうございます。今回も吉見町を巡っています。
岩殿山安楽寺は坂東11番の札所で古くから吉見観音の名で親しまれてきた。
第9番慈光寺、第10番正法寺とともに比企三山とも言われている。
三重塔を紹介します。
画像

-県指定 建造物-
 現存する三重塔は今から約350年前の寛永年間に杲鏡法印によって建築されたもので、本堂・三重塔・仁王門・大仏等の中では最も古い。 総高約24.3m方三間の三重塔では基壇は設けられず、心柱は初重天井上の梁で支えられている。屋根は柿葺あったが、現在は銅板葺に改められている。
画像

初重の面積は高さに比較して非常に大きく、また各重の面積の縮減も程よく、これに加え軒の出が非常に深いので塔全体にどっしりとした安定感を感じさせる。と町の観光案内サイトにありました。
画像

写真を撮っていて 足元に何かあるぞと 見てみれば・・・・?
三笠宮お手植えの松とありました。が 残念ながら枯れてしまったみたいです。
それでは皆さんも吉見観音に行ってみませんか?
安楽寺メイン記事  本堂
それでは皆さん吉見町に行ってらっしゃい!
川島・吉見町の記事  
川島遠山記念館  彼岸花群生地川島町中山  吉見百穴  市野川の桜堤  桜堤公園  岩室観音  松山城址  道の駅吉見  吉見のいちご  いちご狩り  いちご直売所  福沢桃介生誕地  八丁湖  吉見町巡回バス  ポンポン山  安楽寺
近くの長島記念館
記事の一覧は右サイドバーのブログテーマの一覧から見て下さい。

吉見町の宿


元禄茶屋の東松山定番やきとりセット

元禄茶屋の東松山定番やきとりセット
価格:2,916円(税込、送料別)


日本料理元禄茶屋

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック