きみまち阪

こんにちは!
訪問いただきありがとうございます。今回はきみまち阪と言うなんとも心をくすぐる場所に行ってみました。
阪の字が間違っていました、すいません!
きみまち阪は、秋田県能代市  二ツ井町にある県立自然公園の名称。秋田県有数の桜、ツツジ、紅葉の名所であり、時期ともなると県内はもとより県外からも観光客が訪れる。デートスポットとしても有名。
画像は拡大出来ます。
画像

もともとは米代川の川岸にまで迫る険しい山で、「郭公坂」「馬上坂」「畜生坂」などと呼ばれ、羽州街道でも「徒歩道無し」として水上を正規の道に指定されるなど最大の難所とされていた。この距離は1km程度であるものの、1里(約4km)に匹敵する難儀な道と言われ、下流側の荷上場村と上流側の小繋村の間で行われた船渡しは「一里の渡し」と呼ばれた。渡し賃を払えなかったり増水していたりで船渡しを利用できない場合、橋の無い藤琴川を徒歩で渡り、絶壁をよじ登って越えなければならなかった。あるいは荷上場村から藤琴川を北上し、大沢村を通って大沢川を遡り、二の又村から峠を越え、田子ヶ沢村から綴子川を下り綴子村に到る、かなり遠回りの間道を通らなければいけなかった。弘前藩主の津軽氏が参勤交代で江戸まで移動する際にも、この間道を利用したことがある。また、藩主がこの地を無事に通り過ぎたことを伝えるだけのために弘前まで使者が遣わされたという。
画像

現在でもきみまち阪の周辺には断崖絶壁の屏風岩がそびえ立ち、往時の険しさを物語っている。現在のきみまち阪は公園として整備され、絶壁内部の公園部分は多くの樹木に覆われているが、大正時代の写真では、草地に数多くの大きな白い岩が点在する荒々しい様子をうかがうことができる。頂上付近には駐車場ときみまち阪キャンプ場がある。きみまち阪キャンプ場から徒歩で山頂に登ると二ツ井テレビ・FM中継局があり、二ツ井町や藤里町、日本海を遠望でき、すばらしい風景を見ることができる。
画像

向こうに見えるのは 道の駅ふたついです。
1774年(安永3年)、きみまち阪と藤琴川の間に加護山製錬所が作られた。ここでは阿仁鉱山や太良鉱山などの鉱石を南蛮吹きという技術で製錬していた。技術指導のために江戸から平賀源内らも招かれている。
1894年(明治27年)に能代へ移転するまでこの地に多くの人が住み、他の地区からは隔離された別天地となっていた。
1802年(享和2年)、菅江真澄はきみまち阪を訪れ、現在のきみまち阪公園第2広場を横切り、高岩神社に参拝した。その際、七座山を含めた俯瞰図を菅江真澄は残している。
1868年(明治元年)、戊辰戦争で盛岡藩に大館城を攻略された久保田藩は、きみまち阪を防御地点に設定し、官軍からの援軍を待つ作戦をとった。
久保田藩は兵の数でも武器の性能でも劣っていたが、(実際に交戦がおこなわれた場所はきみまち阪の手前の山であるものの)地形を利用して援軍到着まで持ちこたえることができた。
1869年(明治2年)、榎本武揚は網籠の中に入りつつ、川船でこの地区を輸送された。その際、榎本は「渡米代川」と題した漢詩を詠い、自らの立場を嘆きながらこの地区の風景を絶賛している。
画像

1881年(明治14年)の明治天皇の東北巡幸のため、前年の1880年(明治13年)に山の先端を切り通して緩やかな坂道が作られた。翌年には藤琴川に橋が架けられ、明治天皇が渡り初めをした。巡幸の際に皇后は「大宮の うちにありても あつき日を いかなる山か 君はこゆらむ」という歌をしたためた手紙を出し、ここで天皇の到着を待ったと言い伝えられている。翌1882年(明治15年)、宮内省を通じて正式に「徯后阪」(きみまちざか)と明治天皇より命名された。
画像

粗末な写真ばかりですいませんです。
桜舞う きみまち阪で 誰を待つ・・・・岡ポン 久々に失礼しました。
場所を確認しましょう。




確か このあたりに 数台車がおけそうだったが・・・・?
きみまち坂公園マップで見たら 上の方まで車で行けたのね!
youtube動画
きみまち阪・恋文公園(秋田県能代市)
時間が押しているので急ぎます!今日中に象潟まで行くつもりです。
貴方もきみまち坂を訪ねてみませんか?
秋田県記事一覧 それ以外はブログテーマの一覧から見て下さい。膨大になってしまい一年以上掛るかも?

能代市の宿
ホテルニューグリーン<秋田県>  ホテルルートイン能代  能代タウンホテルミナミ  ホテルミナミ  キャッスルホテル能代  湯らくの宿 のしろ


秋田県物産振興会楽天市場店

芳徳庵 ひめます最中 つぶあん

芳徳庵 ひめます最中 つぶあん
価格:123円(税込、送料別)


この記事へのコメント

啓天
2013年09月23日 23:06
このメールが見当違いの時はご容赦ください。
この度、日本文学館より小説「渋太夫自害」を67歳で初めて書きました。
全国の書店で購入できますが、無名の新人ですので取り寄せになると思います。
内容は奥羽鎮撫総督「九条道孝」が海路より仙台に入ってから会津降伏までの約半年間、
北は「きみまち坂の戦い」から、南は「旗巻峠の戦い」、「世良修蔵事件・秋田川反事件」、
これらのかかわりなどを、パノラマ的にとらえたつもりです。
それと幕末の桜田家と「養賢堂・北辰一刀流・清河八郎・坂本龍馬」のかかわりや、
山南敬助と桜田家の関係も書いております。(販売は10月からです)
2013年09月24日 19:19
こんばんは!
コメントありがとうございます!アダルトでなければOK!リンクでつながっていきたいですね!

この記事へのトラックバック

  • VISVIM サンダル

    Excerpt: きみまち阪 いきあたりばったり!/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-09 14:00